資産運用と金地金と消費税増税

昨今、資産の形成として、ゴールドで置いておくという人が世界中にたくさんいらっしゃいます。
最近では特に中国人、インド人が金を買い込んでいると聞いております。
そんな金ですが、金地金にも消費税はかかります。例えば、現在4000円/gとすると、1kgで税抜き400万円です。税込で420万円です。それが、消費税増税で8%になれば432万円、10%になれば440万円になります。大きい差ですよね。ご検討中の方は消費税が上がる前に購入した方が良いと思います。
そして、ポイントは、購買する時も消費税がかかるように売却する時にも消費税はかかります。つまり、5%の時に買って、10%の時に売却すれば、それだけで利益が出ると言う事なのです。ただ、気をつけて下さい。これは、金地金の価格が一定だと仮定した場合です。実際は毎日変動していますので、そんなに簡単な話ではありません。ですが、損益分岐点を下げ、損失が発生しにくい状態になるという点では一つの利点としてくらいに考えておけば問題ないと思います。
それと、金価格というのは世界的にはドル建てで取引をしておりますので、円相場も絡んできます。金の価格が上昇していても、円高に進めば、日本での取引価格は下がってる場合だってあるのです。
という事なので、投資として上昇を目的に持たれても、短期的には難しいのではないでしょうか?売却した時の税金については、また今度。
昔から【有事の金】というように安全資産と思われている方が良いと思います。
私の私的な意見としては、金は重たいです。ダイヤモンドとかの方が資産として保持するのであればいいような気がしますが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です